田中智也(マリノスユース→国士舘大)大学サッカーデビュー

  • 2013/04/11(木) 23:55:00

 日曜日は、前日の雨の影響で風がかなり激しくなるという予報がありましたが、大学サッカーの会場へ足を運んできました。本当はマリノスユース公式戦の予定でしたが、前日に延期が決まったこともあり、どうしようかと悩みましたが、大学サッカーの川口会場へ向かいました。夢の島やBMWや青学Gなども少し考えたのですけどね。結果的に川口会場へ向かったのは正解でした。マリノスユース卒業生で1年生でメンバー登録メンバー入りしている田中智也選手が国士舘大学でのサブメンバーに入って、後半途中にピッチへ入って大学サッカーリーグデビューしました。その姿をスタンドから見ることが出来てよかったなーって思いました。







○第二試合

2013年4月7日(日) 13:50キックオフ
関東大学サッカー1部リーグ第一節 川口市青木町公園総合運動場
筑波大学 1−2 国士舘大学

得点:
筑波    22分:赤崎
国士舘  28分:山田、30分:橘


−筑波大学

START
1 GK 神舎 宏(4年、広島皆実高校)
2 DF 田代 諒(3年、清水エスパルスユース)
4 DF 岸 光(3年、名古屋グランパスU-18)
6 DF 片岡 爽(3年、ヴィッセル神戸U-18)
12 DF 三丸 拡(2年、真岡高校)
3 MF 谷口 彰悟(4年、大津高校)
7 MF 葺本 啓太(4年、浦和レッズユース)
8 MF 上村 岬(4年、ジュビロ磐田ユース)
11 MF 中野 嘉大(3年、佐賀東高校)
13 MF 曽山 慶太(4年、アミーゴス鹿児島U-18)
9 FW 赤 秀平(4年、佐賀東高校)
SUB
16 GK 岩脇 力哉(2年、ジュビロ磐田ユース)
17 DF 西村 洋平(2年、兵庫高校)
22 DF 田口 翔太郎(1年、JFAアカデミー福島)
14 MF 前原 拓哉(4年、加治木高校)
18 MF 早川 史哉(2年、アルビレックス新潟ユース)
21 MF 齋藤 正朋(3年、東京工業大附属科学技術高校)
23 MF 吉川 修平(2年、柏レイソルU-18)

交代
66分 13曽山→23吉川
92分 7葺本→22田口



−国士舘大学

START
1 GK 小澤 章人(3年、西武台高校)
3 DF 吉田 吏玖(4年、遠野高校)
6 DF 嶺岸 佳介(4年、東北高校)
13 DF 仲島 義貴(2年、ヴィッセル神戸U-18)
29 DF 山田 真己人(2年、ヴィッセル神戸U-18)
7 MF 橋本 拓門(4年、柏レイソルU-18)
14 MF 進藤 誠司(3年、流通経済大柏高校)
18 MF 橘 一輝(3年、青森山田高校)
20 MF 松本 和樹(3年、西武台高校)
9 FW 坂谷 武春(4年、東京ヴェルディユース)
16 FW 平松 宗(3年、アルビレックス新潟ユース)
SUB
21 GK 久保田 晃次(3年、清水エスパルスユース)
22 DF 今瀬 淳也(3年、市立船橋高校)
12 MF 加藤 大介(4年、静岡学園高校)
19 MF 海野 智之(3年、藤枝東高校)
34 MF 藤嵜 智貴(1年、清水エスパルスユース)
35 MF 林 祥太(1年、久御山高校)
36 MF 田中 智也(1年、横浜F・マリノスユース)

交代
76分 9坂谷→36田中
80分 18橘→12加藤
93分 14進藤→22今瀬







 この日の川口会場は第一試合が2部の関東学院大対平成国際大が行われてから、第二試合は1部の試合が行われました。かなり風が強くて前半は影響はありましたが、後半には風が収まって少し寒くなって雨が多少落ちるような状況ではありましたが、ピッチに影響する様な降り方はしなかったです。

 筑波は久しぶりに見ましたが今年のキャプテンマークを巻いたのは谷口選手でした。まあ順当かなーとは思います。上村岬選手がジュビロへの回収が決まって発表になり、赤崎選手も何処に行くのかなーという感じで、来季Jリーグに入団するであろう選手が何人かいるチームなので、筑波は注目を集めるシーズンなのかなーとは思いますし、昨シーズンはシーズン途中に風間監督がフロンターレの監督になり監督交代ということもあったので、今年は最初からチーム作りができるということもあるのかなーとは思いました。

 対する国士舘大学はマリノスに入団した佐藤優平選手が昨シーズンまで板チームで、このチームには今年からマリノスユースから田中智也選手が加わったということで少し注目してみていきたいなーと思って足を運んだのですが、予想はあまりしていなかったのですが、智也がベンチメンバーで発表されたのがすごく嬉しかったです。いつも大学サッカーはメンバー表をスタンド入口などに張り出すのですが、この日はかなり風が強くて壁に貼ったメンバー表が第一試合から剥がれてしまうということで、貼るのをやめてメインスタンド前から見える位置でメンバーの名前が貼ったパネルも強風の影響で貼るのをやめていたので、メンバーがなかなか分からずに場内アナウンスで最初に分かったときは飛び上がるほど嬉しい気持ちになりましたよ。


 試合は、前半のうちに筑波大が赤崎のゴールで先制しますが、国士舘が2点を続けて上げて逆転しました。そして、後半31分に国士舘の監督に呼ばれたのが、36番の小さな選手、田中智也選手で交代の1人目で呼ばれてピッチにたちましたよ。大学デビューの姿をこの目で見れて写真に収められたことはすごく嬉しくて楽しくて、川口会場に来て良かったなーって思いました。大学デビュー試合って1生の中で1度しかないわけで、その場に立ち会える喜びっていうのは、サポとしては嬉しく思うし、この日マリノスユースの公式戦が行われていたら、この場に来ていないわけで、そういった巡り合わせっていうものをすごく感じたりしました。

 約20分弱のプレイ時間ですが、ベンチからしきりに呼ばれていたことや、ピッチで感じたことをこれからの試合で生かしていければ大きな経験を積んだということだと思うので、結果を早く出して欲しいなと思います。試合は国士舘が勝ちました。















○第一試合

2013年4月7日(日) 11:30キックオフ
関東大学サッカー2部リーグ第一節 川口市青木町公園総合運動場
関東学院大学 3−0 平成国際大学


 第一試合の、関東学院大対平成国際大は、3−0で関東学院大が勝ちました。スタメン整列写真だけ上げておきますね。序盤の平成国際大のチャンスをGKが防ぎ切ったことが、関東学院大に流れが行ったという試合でした。







 ということで、珍しく土日とも大学サッカーのゲームに足を運んだ週末となりました。大学4年生は来季はJリーガーになっている選手もいると思いますし、そういった選手に注目して足を運んでもいいのかなーと思います。

 自分はマリノスユースの卒業生がいるチームを中心に大学サッカーは見ていこうかなとは思いますけど、マリノストップチーム、マリノスユースの試合がないときにや、行けない場所に遠征した時にしかいけないから、なかなか大学サッカーには足を運べないのですが、行けそうな時な足を運ぼうかなと思います。