代表戦行ってきました。

  • 2012/09/06(木) 21:34:28

 
 「ヤンキーなでしこ」、じゃなくて、『ヤングなでしこ』を見に国立の準決勝へ行ってきました。ドイツ相手に立ち上がりの連続失点を喫しましたが、粘り強く戦うもゴールを奪うことは出来ず、『ヤングなでしこ』は3位決定戦へ向かうことになりました。






FIFA U-20 女子ワールドカップ ジャパン2012・準決勝
2012年9月4日(火) 19:30キックオフ
国立競技場
U20日本代表 0−3 U20ドイツ代表


 この大会はフジテレビで生放送そしている情報だけしかないので、メンバーとかほとんど知らない状況で現地へ向かいました。チケットはゴール裏のカテ3チケを前日に購入しました。仕事が終わってから向かったので第一試合のナイジェリア対アメリカの試合は見ることはできず、18:30頃に国立に到着しました。入口でビン・カンは持ち込み禁止とアナウンスが流れますが、ペットボトルに関しては持ち込みOkでした。国立は駄目ってイメージが多いのですけどね、但し、ペットボトルはキャップを取り外して、コカ・コーラ製品以外はラベルを剥がしてくださいとスポンサーに配慮していた運営でした。ラベル剥がしてって運営って初めて聞いたからなんか新鮮でした。
 大会パンフレットとか売っているのかなーと思っていたら、なんか薄いパンフを無料配布していました。各チームのメンバー名は書いてありました。日本選手だけ顔写真入りではありましたが、背番号を書いていないのが残念だなーとは思いました。

 スタンドに入りました。またりと見たいと思って空いている方と思って、ドイツ側のゴール裏に向かいました。ドイツ側はなんかロープを貼って全開放していなくて、係員がここはドイツ側なので、日本の応援したい方は反対側に行ってくださいとしきりにアナウンスしていました。でも、ゴール裏からバックスタンドにかけて、1/3くらいのエリアが閉じていたのですが、ホーム側が混んできたこともあって、そのエリアを解放して、そちらは日本のユニフォーム着て応援できますって案内をして、移動する人はいました。自分は動かなかったのですけどね。

 途中でクレーンカメラが自分の前の方にきて非常にうっとしかったですけど、試合始まる頃には動くからと、そのままにしてました。この日の気候は風が少しあって、若干涼しい感じではありました。予報的には雨が降る可能性もあるっていうことで、とりあえず対策はしてきたのですけどね。


 両チームの選手がフラッグを先導してきてから出てきます。日本は青ユニフォーム、ドイツは白ユニフォームです。今大会ホームっていうこともあり、日本は青ユニばかりなので、たまには違うユニフォームが見たいなーって感じたりします。自分は、ユニフォームフェチなのです。

 で、キッキオフの前にキャプテン同士がコイントスをするのですが、ドイツのキャプテンが交換するペナントを忘れてベンチに取りに向かったのが微笑ましかったりしました。そう言う感じでキックオフ。

 ドイツが開始から攻撃的に出て、スルーパスから先制、そして浮き球を先に触ってのキーパーの頭を越して2点目、さらにコーナーからヘッドと開始から20分間で3得点とドイツに取られてゲームが決まりかけてしまいます。
 日本選手とドイツ選手がボールの取り合いでドイツのフィジカルに押されてしまいボールを取られるシーンが多かったかなとは思いました。というか、女子サッカーにあんなにガチガチあたるシーンって、あまり見たことないのでドイツが試合に賭ける思いが強かったのかなとは思います。
 考えても、ドイツの立場的には1年前はドイツ女子代表がワールドカップで敗れて、今年のロンドン五輪には出られず、日本はワールドカップ優勝で、ロンドンでも準優勝。世代は違うとは言え、そういう相手にアウェイで日本の観客が多い場所で戦うということで、ドイツ選手のメンタル面を考えた最初から強い気持ちで前から行くという姿勢を出すのは当然かなとは思います。日本選手や監督やコーチなどのスタッフ陣はそういったことを読み違えていたのかなとも感じました。

 また、この日のジャッジは他の女子の試合では笛を吹かれるようなプレイも笛が吹かれずにプレイを続ける感じになったのも、ドイツ的に有利な感じになったのも思いました。そういうジャッジに対応していくのも選手やチームには求められるものではあるのですけどね。経験とも言います。
 前でなかなかボールが収まらない日本は早めの選手交代で打開しようと試みますが、なかなかうまくいかず、ハーフタイムにはベンチ前で多くの選手がどうしようかと話し合っているシーンが印象的でした。

 後半始まってから日本が攻勢に出ては行きましたが、ドイツの堅陣は破れず、雨が少し落ちてきたなかを攻めまくりますがゴールは遠かったです。ドイツは奪ってから独力でのドリブルを織り交ぜてきて、迫力もありました。

 結果的に、3点差を跳ね返すことはできず、ボールポゼッションは逆転しましたが、日本らしいサッカーは出来る時間は後半は増えましたが、敗戦となりました。

 試合が終わって日本選手がピッチにうなだれつつも挨拶に回っていて、ドイツの選手はピッチで円陣を組んで喜んでからベンチ前でスパイクを脱いでくつろいでいましたが、少ししてからクールダウンをする感じでピッチを一周してスタンドの歓声へ手を振って応えていました。

 日本は敗れましたが、この先には3位決定戦が待っています。もう1試合、気力を振り絞って勝って大会が終われるように頑張って欲しいかなと思います。

 3位決定戦 ナイジェリア vs 日本
 決勝戦   アメリカ vs ドイツ

 決勝戦は、白いユニフォームを選択できたチームのほうが優勝するかなーとだけ書いておきます。なんとなくね。(両方とも白じゃない可能性もあるのかな(笑))



 あとは写真を少しだけアップしておきます。お楽しみください。