観戦記:2005.2.26 ゼロックススーパーカップ

  • 2005/02/26(土) 22:00:00

2005ゼロックススーパーカップ 〜ロスタイムの集中力〜

横浜Fマリノス2−2東京ヴェルディ1969
 前半0−0
 後半1−1
 PK戦4−5 

得点者
(横)72分大橋、87分隼磨
(東)68分ワシントン、91分ワシントン

PK戦
横浜|栗原○大橋○上野×ドゥ○隼磨○
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
東京|林健○ワシ○慶行○平本○李康○


警告
(横)52分栗原
(東)19分平野、50分李康珍

メンバー
<マリノス>
−−−清水範久−−大島秀夫−−−
−−−−−−奥大介−−−−−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−那須大介−−上野良治−−−
−中澤佑二−中西永輔−栗原勇蔵−
−−−−−−榎本達也−−−−−−
68分清水→大橋
−−−大橋正博−−大島秀夫−−−
−−−−−−奥大介−−−−−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−那須大介−−上野良治−−−
−中澤佑二−中西永輔−栗原勇蔵−
−−−−−−榎本達也−−−−−−
72分中西→遠藤
−−−大橋正博−−大島秀夫−−−
−−−−−−奥大介−−−−−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−上野良治−−遠藤彰宏−−−
−中澤佑二−那須大亮−栗原勇蔵−
−−−−−−榎本達也−−−−−−
81分奥→山崎
−−−山崎雅人−−大島秀夫−−−
−−−−−−大橋正博−−−−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−上野良治−−遠藤彰宏−−−
−中澤佑二−那須大亮−栗原勇蔵−
−−−−−−榎本達也−−−−−−

ベンチ入り
榎本哲也、河合竜二

<ヴェルディ>
−−−平本一樹−−ワシントン−−−
−平野孝−−−−−−−小林大悟−
−−−−−−小林慶行−−−−−−
相馬崇人−−−−−−−−山田卓也
−戸田和幸−林健太郎−李康珍−−
−−−−−−高木義成−−−−−−
80分戸田→塗師 3-5-2から4-4-2へ
−−−平本一樹−−ワシントン−−−
−平野孝−−−−−−−小林大悟−
−−−林健太郎−−小林慶行−−−
相馬崇人−塗師亮李康珍−山田卓也
−−−−−−高木義成−−−−−−

ベンチ入り
水原大樹、柳沢将之、町田忠道、森本貴幸

**戸田→塗師交代時に、4-4-2に変更したのが判ったので修正しました。 Jリーグ開幕の1週間前に毎年行われます、ゼロックススーパーカップ。昨年も横浜は出場して、1−1の同点のまま、PK戦にて敗戦しています。
 
 主審の上川氏の笛で試合が始まりました。試合開始からビッグチャンスを得たのがマリノス、右サイドに深い位置に清水が流れた所で戻したボールを隼磨が受けて、更に右にカットインすると見せかけて、中央へドリブル、左足で上げたボールはDFにクリアされますが、そのボールをダイレクトでドゥトラがシュート、高木が横っ飛びで弾いてチャンスはついえます。その次はヴェルディの攻撃が光って、特に左サイドの相馬はスピードとクイックネスで勝負にいき、隼磨との主導権の取り合いは見応え十分でした。やや相馬に分が有るような感じでしたが、クロスを上げられても、DF陣が確実に競り合ってボールを跳ね返していました。ワシントンの長身をターゲットに攻めていきますが、中澤や栗原が確実に競って決定期をを作らせません。しかし、一度中西のミスからワシントンが独走気味にエリアに進出した際は、中澤が猛然とダッシュで追いつき、シュートシーンはなんとか榎本が足に当てて弾きます。前半終了間際にもワシントンがエリア内へドリブルで進出、栗原がついていましたが、フェイントで栗原と中西を完全に振って置いてきぼりにしての中央の平本へのボールは、榎本がなんとか出てボールをキャッチします。
 マリノスは前半はなかなか中央のボール繋ぎが上手くいかなくて繋がらない感じがしました。奥が引き出そうと動くがなかなか上手く繋がらない感じで、大島もいい感じの動きはしつつも出てこないために少し下がってボールを受けるシーンも多く見られました。

 後半は選手交代なしで試合が始まりました。マリノスがやや積極的になったような感じに見受けられました、47分にカウンターでマリノスが攻撃した際に中西のカットから前線に上がったのはチャンスになるかと思いましたが、中西がフリーで走りこむ途中で林に倒されてチャンスが消えます。主審はみていなかったようです。中澤や栗原も積極的に前に出るようになった際の50分にチャンスになりかけるプレイがあり、大島がDFラインの後ろへ抜けそうになった際は、李康珍にユニを引っ張られてファウルで止められてしまいます。このFKは栗原が狙うが大きく外れてしまいました。

55分清水が戸田のアフターで倒されたシーンでは、高木がカブって栗原がヘッド狙いますが、ゴールの左に外れて惜しいチャンスを逃します。その後も早いパスを回して後ろから追い越す攻撃がマリノスに出てきてややペースが出てきたかと思いました。しかしその後は、ヴェルディが盛り返して前線まで行くシーンが増えていきました。
 64分に早い攻めから左に開いた大島がボールキープ。あがって来た那須に預けたボールをダイレクトで中央の清水へ、ダイレクトのシュートが打ち切れず、DF二人に囲まれてチャンスを潰します。
 68分清水に代えて大橋を入れてそのままFWに入れます。しかし、大橋がボールタッチする間もなく、左CKからのこぼれから、平野がロビング、ワシントンが栗原のマークを受けつつ体を預けて、うまく目の前にトラップ。中澤も追いつかず、左足でゴール隅に決められてしまいます。
 マリノスは失点直後から、大橋が前線でうまく前線でアクセントになって攻撃に繋げるようになり、ドゥトラのクロスや大島のヘッドに繋げます。そして、72分、中盤でボールを受けた大橋がドリブルの緩急で、林と李康珍をふって左足でゴールを決めて1−1の同点い追いつきます。大橋に欠けていた積極性というのが出てきた瞬間は頼もしく思えました。


1−1となってから、マリノスはその前から準備していた遠藤をボランチに入れて、那須を3バック中央に下げます。同点に追いついたことで、ボール回しがスムーズになったマリノスの攻勢が続いてサイドに回してのクロスのシーンが増えます77分に右からのクロスを奥がシュートしますがしっかりに当たらずに枠を外します。相手ゴールから半円を描いて上野の散らしからサイドから攻撃に行く形はかなりよい感じに見えました。
 85分にヴェルディは戸田に代えてルーキーの塗師が入ります。その直後、マリノスがゴール正面で山崎が林に倒されてFKを得ます。ボールの後ろには、大橋とドゥトラが並び、大橋が蹴ったFKはゴール右隅を襲い、高木がワンハンドで手に当てますが、こぼれを予測していた、山崎がボールに追いつき中央へ送ったボールに、隼磨が胸で押し込み2−1と逆転します。残り時間は2分+ロスタイムでこのまま試合が終るかと思われました。
 しかし試合は終わりませんでした、きっかけはロスタイムの2分が1分くらい経った頃に、なんでもないキーパーからのパントキックを榎本がキックミスしてボールが上がらずに、ハーフ近くでヴェルディの選手に拾われます。そこからの繋ぎは一度はマリノスが跳ね返しますがチーム全体に嫌なムードが漂ったのは事実です。時間が91分50秒を指す頃に、小林慶行の放ったシュートかパスがワシントンにつながり、ワシントンはエリアの中で那須と中澤に付かれていましたが、それを振り切って身体を反転してシュートを決めて2−2の同点にします。

そして再び鳴ったホイッスルはPK戦へのホイッスルとなりました。



PK戦に入りました。ゴールはホームチームゴール裏で行われました。
先行は、マリノス。そしてゴールマウスに向かう金髪の姿に場内が驚嘆の声と嘲笑と歓喜の入り混じった声の両方が聞こえた感じがしました。

横浜 勇蔵 ○左側に決める
東京 林 ○榎本が動いてから逆サイドにころころと流し込む
横浜 大橋 ○豪快に左隅に決める
東京 ワシントン ○GK動いてから、左側に決める
横浜 上野 ×右に蹴って止められる
東京 小林慶 ○タイミングずらして浮かす
横浜 ドゥトラ ○左側に豪快に決める
東京 平本 ○右側上に決める
横浜 隼磨 ○ポスト上ぎりぎりに決める
東京 李康珍 ○右側上に決める

よって、横浜4−5東京Vにより、3000万の行方はヴェルディに決まりました。

試合後、メインスタンド前でチーム表彰が有り、準優勝チームに2000万が、優勝チームに3000万とトロフィーが、そして各選手にメダルと、優勝カップの贈呈が行われました。