観戦記:2006.07.23 J1第14節 横浜FM対福岡

  • 2006/07/23(日) 22:00:00

2006.07.23(日) J1リーグ第14節 日産スタジアム 19:00KO 名 曇り時々雨
横浜Fマリノス 0−0 アビスパ福岡
 前半 0−0
 後半 0−0

得点者
(横) 
(福) 

警告
(横)直樹、勇蔵、マグロン
(福)千代反田、アレックス

日刊式スコア

<メンバー>

・Fマリノス

−−−−−−久保竜彦−−−−−−
−マルケス−清水範久−吉田孝行−
−−−マグロン−−−河合竜二−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−松田直樹−−栗原勇蔵−−−
−−−−−−榎本達也−−−−−−

45分 4-4-2へ
−−−マルケス−−久保竜彦−−−−
−−マグロン−清水範久−吉田孝行−
−−−−−−河合竜二−−−−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−松田直樹−−栗原勇蔵−−−
−−−−−−榎本達也−−−−−−
63分 久保→狩野
72分 マルケス→マイク 
78分 清水→平野
−−マグロン−マイク−吉田孝行−−
−−−−平野孝−−狩野健太−−−
−−−−−−河合竜二−−−−−−
ドゥトラ−−−−−−−−−田中隼磨
−−−松田直樹−−栗原勇蔵−−−
−−−−−−榎本達也−−−−−−

サブ:哲也、那須、良治、大島

・アビスパ

−−−藪田光教−−バロン−−−−
−古賀誠史−−−−−−久藤清一−
−−−ホベルト−−−佐伯直哉−−
アレックス−−−−−−−中村北斗
−−−千代反田充−金古聖司−−
−−−−−−水谷雄一−−−−−

58分 久藤→飯尾
67分 千代反田→川島
86分 藪田→有光

SUB:神山、吉村、布部、城後


<試合展開>


<試合雑感>

 J1リーグ再開して、2週間での4連戦の2戦目。中澤が前節の試合後に負傷を申し出ての診断が3週間の離脱ということで、戦列を離れました。怪我人が戻ってきたと思っていたのも束の間ですが、奥、後藤と3人の別メニュー選手がいる状況でした。再開後の清水戦は内容もあまりよくなくてロスタイムでの失点での敗戦して、ホームゲームをいい形で迎えようと思って考えた布陣が、キロロキャンプで熟成を図った、3−5−2ではなくて、4−5−1の布陣をこの試合では取りました。これは相手の福岡の4−2−2−2に合わせた布陣と感じました。左サイドの古賀の強烈な上がりに対抗するために、そこを蓋とするために、4バックにして隼磨を当てるために布陣だと感じました。その作成は、守備面では有効的には感じましたが、攻撃面では、どうだったかと思うと、結果的に無得点という状況では、あまり効果を発揮しなかったともいえます。

 守備面である程度相手を抑えて、前へビルドアップしていく形になりますが、1トップの久保の下に、左サイドに起用されたマルケスとマグロン、ドゥトラの絡みは相手も研究していて、特に中村北斗と佐伯が十分にそこをケアしてみているので、あまり左サイドを崩せずに、右サイドからの崩しが多くなりますが、サイドで3人くらいが絡んで中に入れても、中央には一人しかいなかったりして、なかなかそこには繋がっていけないです。時折中央でボールが入っても、落とすボールが拾えずに、波状攻撃ができない状況で、選手が上がったり下がったりとしてしまい、どんどん疲弊していくのを感じました。前半はそれでもチャンスはありましたが、後半は、押し込んでいながらも、決定的なチャンスがなかなか作れずに集中した人数をかけた福岡の守備にかかってしまい打開できず、タイムアップの笛を聞くこととなりました。

 選手一人一人は良く動いて何とか打開しようという意欲を感じましたが、その個人の動きが、チームのグループ戦術として繋がっていかないし、チーム戦術として消化できていないのを強く感じました。それは監督が道筋を示すものだし、個人任せで試合に勝つことが出来た開幕当初の状況とは現在の状況は違ってきているのだから、その動きに関しては、もっともっと話し合って突き詰めて考えていかなくては行けないと思います。チームのオートマチックな動き、型にはめてしまう動きは、監督は嫌いなのかも知れないけど、そういったことも行っていられない状況だとは思います。こんな状況でも、選手達は、マリノスらしいサッカーをやって勝ちたいと話をしてくれますが、そもそもマリノスらしいサッカーという基本定義が選手の中で一つの戦術として共通意識を持てているのかさえわからない状況です。

 サイドからクロスに対して、一人目はニアポストに、二人目はファーへ、三人目は遅れて中央へ、そして、相手DFのクリアに対して、こぼれだまが拾える位置へ、4人目が入っていくといった、攻撃の時に、5人,6人が絡んで波状攻撃をかけていける動きが今の状況では出来ていないのを感じます。ただサイドからの高精度のクロスをFWに合わせるだけの戦術では、上げる方も厳しいし、それに合わせる中央の選手も非常に繊細なポジショニングと駆け引きが要求されてきます。せめて流れの中で得点出来なくても、セットプレイからの動きを磨くことは出来るかと思いますが、この試合は11本あったコーナーも生かせず、ゴール近くのFKも多くあったのですが、それもまったく生かせないのを見ると、キャンプでもこういった基本的なセットプレイの動きや、セットプレイのバリエーション練習をやっていたとは思えないのです。ボールが逆サイドに流れてため息をついた場面は何度もあったように感じます。

 こういった試合を見せられた後は、ゴール裏から多くのサポがブーイングを飛ばしていました。それに対して選手は逃げる事無く、直樹が率先してゴール裏近くにきて、そのブーイングを真正面から受けていました。

 4連戦、あと2試合が続きます。中2日でアウェーへ乗り込んでの磐田戦、そして1週間後に再びホームでの新潟戦が待っています。短い期間で、何かを変えられるとは思えないのだけれど、1つだけでいいから、ゴール前でのサポートの形か角度を決めて、それを率先してやって欲しいと思います。ミドルが少ないのもそうですし、打たなきゃ入らないのだから(前半はそれでもシュートの意識は高かったと思う)、ゴールを奪うためには何をしなきゃいけないかを決めて、それを選手の共通の意識としてやって欲しいです。調子の戻らないマルケスに頼るのもどうかとも感じたりしていますけど(相手はフルパフォーマンスだったマルケスのビデオを見て研究してるんだから)、連戦で疲弊した選手を使って結果が出ないと更にダメージも大きくなると思うから、試合に飢えているであろう選手を使って欲しいと願っています。勝てなくて一番悔しいのは、サポではなくて選手自身だということを、試合で結果という形で見せて欲しいです。
 バイタルエリアからドリブルで勝負できる選手が出てきてワクワクさせて欲しいなー(切実)

 結果が出なかったら、スパッと辞めるといった岡田監督にとっても、進退が掛かった2試合になると思います。まだまだその引き出しには新しい何かがあると信じて、それを期待して自分は応援していきます。


<選手評価>

達也:6.0 守備機会は少なかった。可もなく不可もなく。
隼磨:6.0 右サイドを何度も蹂躙していたが、クロス精度とCK精度をもっと磨いて合わせて欲しい。
直樹:6.5 守備の中心として、破綻無く守る。4バックのため前への上がりは自重。
勇蔵:6.5 身体を張った守りで、先に触る守りが出来ていた。
ドゥトラ:5.5 左サイドのコンビで相手に引っかかる場面が多し、セットプレイも生かせず。
河合:6.5 運動量豊富で身体を張ってはいたが、、、。
マグロン:5.5 細かなコンビミスで奪われる場面多し。もっと自分で行ってもいいと思う。
孝行:6.0 開始早々うごけてはいたのだが、徐々に積極性が失われていった。
清水:5.5 よく走り回ってはいたが、それがチーム力のベクトルに合わない。
久保:5.5 サイドに逃げずに、中で勝負して欲しい。ボール来る前から呼び込む動きを。
マルケス:5.0 相手に動きを読まれてしまって完封される。

狩野:5.5 効果的な動きが出来ず、もっと自ら勝負してもいいと思うし、セットプレイも行って欲しい。
マイク:6.0 ターゲットにはなっていたが、こぼれをつなげられず。
平野:5.5 交代の意図がぼやけた。あの位置ならミドル打てる良治の方がいいと思う。


<選手コメント>

J'sGoal 選手コメント

●平野孝選手(横浜FM):
「残り10分ちょっと、流れを変えなければと思って入った。ロングボールも縦ではきつく、サイドからのクロスが多くなった。最後はマグロンを前にしてワンボランチのダイヤモンド型にした。もう少しシンプルにやってもよかったと思う」

●ハーフナー・マイク選手(横浜FM):
「0-0で点を取りに行かなければならない場面、ファーに流れてクロスに対応しようとしたが、動き出しがいまひとつだった。最近、勝点3が取れていないが、チームの雰囲気は悪くない。これからも出たら頑張るだけ」

●田中隼磨選手(横浜FM):
「4バックにはうまく対応できたが、決めるところで決めなかったのが問題。右サイドの崩し、セカンドボールから点につながるプレーはできたと思うが、ゴールできなければ仕方がない。相手がどこであろうと、F・マリノスらしいサッカーをしていけば結果は付いてくる」

●清水範久選手(横浜FM):
「エスパ(第13節・清水戦)のときの反省を活かして、攻撃では意識統一できたと思う。逆に、前半は裏を狙ってという意識ばっかりになっちゃった嫌いがある。なかなか使い分けが難しい。一人は足元でもらいたいが、一人は裏でもらいたいというところで、間延びしているところもあった。
前半途中でマルケスが中に入ったので、ハーフタイムではポジションの確認をした。チームとしていい方向に行っていないことは確かだが、みんな一生懸命やっているし、誰一人サボってはいない」


[ 更新日時:2006/07/25 05:42 ]