観戦記:2006.10.22 sate 横浜FMvs清水

  • 2006/10/22(日) 22:00:00

2006.10.22(日) Jリーグサテライトリーグ みなとみらい 14:00KO 名 曇りのち雨
横浜Fマリノス 1−1 清水エスパルス
 前半 1−0
 後半 0−1

このゲームは2006年のサテライトリーグ(Dグループ)でのF・マリノスの最終戦で、このゲームは1位F・マリノス、2位エスパの勝ち点1差の中での首位をかけた試合でした。F・マリノスは引き分け以上で1位を獲得でき、エスパは勝つしかない試合でした。

・メンバー

F・マリノス

−−−−−大島秀夫−−−−−
−−狩野健太−−後藤裕司−
平野孝−−−−−−−塩川岳人
−−山瀬幸宏−田ノ上信也−−
−天野貴史中西永輔田中裕介−
−−−−−榎本達也−−−−−

45分 中西→中島ファランパリス(Y)
−−−−−大島秀夫−−−−−
−−狩野健太−−後藤裕司−
平野孝−−−−−−−塩川岳人
−−山瀬幸宏−田ノ上信也−−
−パリス−天野貴史田中裕介−
−−−−−榎本達也−−−−−

59分 田ノ上→奥
−−−−−大島秀夫−−−−−
−−狩野健太−−後藤裕司−
平野孝−−−−−−−塩川岳人
−−山瀬幸宏−−奥大介−−−
−パリス−天野貴史田中裕介−
−−−−−榎本達也−−−−−

サブ:松内貴成(Y)、中里太郎(Y)、出口将司(Y)

エスパルス

−−矢島卓郎−池上智視(Y)−
−曽根大二郎(Y)−太田圭輔−
−−岡崎慎司−−平松康平−−
和田拓三−−−−−財津俊一郎
−−平岡康裕−−斉藤俊秀−−
−−−−−山本海人−−−−−

45分 曽根→深澤(Y)
61分 池上→藤本

サブ:掛川誠、岩崎広大(Y)

<得点>

24分 狩野健太(マリ)
平野が左から突破、抜け出してクロスを、大島が落として、狩野が見事にシュート。
87分 藤本淳吾(エスパ)
左から短く出したボールを受けて、ミドルエリアでスパっと左足を振りぬきミドルがゴール左隅に突き刺さる。

<試合展開・感想>

試合始まる前はスタンドに多くの観客を集めていい雰囲気でゲームが始まりました。アウェーのサポはスタンドの一番奥の狭いエリアに押し込んでいましたが、予想以上の人が集まった様でハーフタイムにエリアを広げていました。その当たりは今後の課題ですね。

試合開始時は天気もよく涼しい気候でキックオフ。キャプテンマークは、天野が巻いて、向こうは和田が巻いていました。

14:02にキックオフ。試合始まると、エスパの中盤の出足が良くて、4−4−2と3−5−2では中盤の中央の枚数が違っていてなかなかボールを前へ繋げることが出来なくてエスパの中盤に絡め取られる場面が散見していました。最初のチャンスはエスパ、15分に裕介が1対1を抜かれて左からクロスを上げられてしまい、シュートを打たれますが、これはポストが弾いてくれます。

その後、ようやくシュートを打てるようになったマリノスが、塩川、幸宏と打ちますがGK正面に捉えられてしまいます。しかし、24分に平野の素晴らしい突破から、オオシ→狩野と繋いでのゴールが生まれてマリノスが先制します。

その後のプレイで中盤で天野が痛むが、エスパが早いFKに主審が笛で止める機会を失ってゴール前へ、ゴール前で中西がスパイクされて倒されるが主審が見えていなくて流されるが、なんとかボールを奪ってタッチへ。中西はタンカで外へ。少し治療して戻ったからたいした事は無かったかと思いましたがハーフで交代を余儀なくされました。天野は少しして立ち上がってプレイを続けました。

32分狩野のFKからの流れがGK山本のキャッチミスが何度か続いて押し込みたかったが押し込めず、35分シオからスペースへ走った田ノ上の素晴らしい動きの足元へパスが出てクロスはDFにクリアされてしまいます。エスパのカウンターのチャンスが生まれますがオフサイドになります。エスパに左サイドからのFKが続けて生まれますが平松のキックは中央に合わず。43分にも左から崩して、こぼれをシュートしますが、この日2度目のポストに当たりゴールは生まれず。ロスタイム2分が過ぎて前半終了。

後半、マリノスはDFラインにユースのパリスをいれて、エスパは深澤を入れます。後半の最初のチャンスはエスパ。4分にオフサイドラインの裏へ飛び出した池上が達也と1対1になりますが、GKもフェイントで交わしてシュートを放ちますがボールはネットの外。その後はマリノスがサイドを突いて攻撃して、CKのチャンスを続けて得ますが、モノに出来ず、キッカーは後藤、狩野と蹴っていました。14分に奥、16分に藤本と両チームとも中盤の核となる選手を投入して中盤を活性化します。この時間くらいから後半から降り始めた雨がやや強くなってきて、少し気になるくらいになってきました。藤本だけ長袖で出て来ましたしね。22分ゴール前のプレイで達也がキャッチしたあとにエスパ選手が飛び込んでお腹を抑えて少し痛むが、治療をして戻りました。その後、中盤でのボールの奪い合いも激しくて、主審の流し気味の笛もあいまって、ガツガツしたボールの取り合いが続きます。ゴール前のパス交換の際にミスが出てシュートチャンスまで持っていけない時間が続きます。

エスパが押し返す時間が続いて。達也が決定的なピンチを身体に当てて二度防ぎます。31分に塩川がカウンターのチャンスでゴール前に、GKと1対1になりかけたシーンでシュートを打てず、DFに入られたシーンで倒れたのをシュミレーションに取られてこれがこの試合二枚目の警告となり、F・マリノスは10人となってしまいます。空いたポジションは奥が埋める形でゲームが続きます。

人数が多くなってエスパの攻勢とマリノスの守勢の形がはっきり出てきます。時間がどんどん減っていく中で、42分にエスパの藤本にミドルを打たれて同点に。このシュートはタイミングとコースは見事でした。残り時間もエスパは攻めてきますが、最後の場面で抑えて、この日3度目のポストが防いでくれたり、達也も決定的なのを防ぎきって、試合は1−1で終了しました。この結果、サテリーグは1位で終了しました。

Jリーグ公式

スタンドの、関係者席には、左伴社長や、神野卓哉@横浜FCスカウト、長谷川健太@エスパ監督などがいて試合見ていました。来季へ向けての動きも色々とあるでしょうね。

スタンド見ていた人の中には、雨で結構濡れた人も多くいるかと思います、風邪など引かないようにして暖かくして寝てくださいね。(自分もそうですけど(苦笑)



<個人評価>

達也 7.0 素晴らしいシュートストップに、コーチングも声が通っていました。
裕介 5.5 1対1の勝負にもっと打ち勝って行かないと厳しいかなと。
天野 6.0 身体を張ってコースを消し、マーキングもしっかりやっていました。
中西 6.0 前半だけのプレイでしたけど、スルスル〜ガッと出てくるDFが戻ってきたかなと
田ノ上 5.5 もう少し前へ出ていく推進力が欲しいところ
幸宏 5.5 ドリブルで勝負する姿勢をもっと見せて欲しい。前へ繋ぐ場面でミスが散見
塩川 5.0 上がる意欲は有ったが、余計なプレイで退場。
平野 5.5 1アシストは見事だったが、もっともっと合わせて欲しい
後藤 6.0 狩野と交代で中盤を作ろうとしていたが、ボール繋ぎでミスが多かった。
狩野 6.0 中盤でガツガツ行くプレイは良かった。1得点。
大島 6.0 1トップでボールが来なくても下がってポストやりながら脅威になりつづけた。

パリス 6.5 ボールコントロールが見事で、臆する事無くそつなくプレイ。
奥 6.5 ゲームを落ちつかせて終盤の猛攻を耐える動きをしていた。

[ 更新日時:2006/10/22 23:47 ]