観戦記:2007.08.29 J1-23 横浜FMvs磐田

  • 2007/08/29(水) 22:00:00

2007.08.29(水) J1-23 三つ沢球技場 19:00KO 10828名 雨

横浜F・マリノス 4−1 ジュビロ磐田

 前半 1−1
 後半 3−0

得点者
(横)大島、清水、功治、坂田
(磐)加賀

警告
(横)河合、佑二
(磐)ファブリシオ、マルキーニョスパラナ、田中

退場
(磐)上田

<布陣>

・横浜F・マリノス


・ジュビロ磐田
<試合展開> <試合雑感>

 このゲームは仕事の都合で試合会場に到着したのが、前半終了間際でした、なので全部を見ていないので、各所割愛させていただきます。

 横浜駅からのバスを降りて、三つ沢のスタンドに向かう途中に、”ゴール”というアナウンスが聞こえました。ゴールを上げた選手の名前は聞き取れませんでしたが、それは携帯速報で確認したら、大島選手の同点ゴールでした。
 移動がてら携帯速報を見ていると、最近の前半の悪さがこの試合でも続いているなーと言う感じに見えました。三つ沢についたらどんな試合になっているだろうと心配になりました。年チケをタッチしてゲートをくぐった頃に前半終了のホイッスルがなり、雨が降っている事もあり、コンコースの濡れない場所でポンチョを着て防水対策をしてスタンドの仲間のところへ向いました。聞いたら前半は全くいいところがなくて、佑二がファウjルを受けて凄い剣幕で怒っていたとの話しを聞きました。そして選手が出てきて後半の開始です。
 
 前半の不調が嘘のように前がかりなマリノスイレブン。マルケスが自由奔放にボールをもって動いて、マルキーニョスパラナがマンマーク気味だったのですが、ものともせずに、動いてゲームを作っていきます。磐田は成岡から太田へ後半開始から交代したのですが、その成岡がいたであろう位置には誰もいないから、その位置をマリノスがどんどん使ってボールを引き出して攻撃に掛かっていきます。前方向への動きが早くて磐田がファウルでしかそれを止められない感じで、何度もFKのチャンスを得ていきます。
 そんな中で、早い攻撃から右サイドに坂田が開いてあげたクロスを田中が中途半端なヘッドでのクリア。清水が拾ってニアから能活の脇を抜いて2−1と逆転します。年間2得点の男がマリノスエンブレムを掴んでサポーターへアピールします。
更に畳み掛ける攻撃から、左サイドのFKを功治が蹴ります。スリッピーなピッチを考えて蹴ったボールはDFとGKの間を抜けて逆サイドのネットへ、最後は坂田が押し込みましたが、功治のゴールをとなりました。
 3−1となってもショートカウンターから相手の薄い場所を付いて前へのスペースへ走っていくトリコロールの選手達。マルケスが潰れたボールを拾って、ミドルで叩き込んだのが、この試合もっとも走り回っていたであろう坂田でした。最近流行りの両手を広げるポーズはすっかり板につきました。
 4−1となっても、我らが10番は貪欲にゴールを狙っていきます。浮きだまDFの裏で1タッチで受けて、そのまま叩いたシュートはヒットせず、DFの裏へはいって、ぐいっと押さえつけながら、逆サイドを狙ったシュートは枠を外しますが、貪欲な姿勢、ゴールへの突進力はトリコロールのサポーターを歓喜の渦へ導いていきます。
 
 後半3得点。前半の不調が嘘のようなゲームを見事に変えていく逞しさが、前節の広島戦とは違うというところを見せてくれました。相手の交代の不手際があったとはいえ、それを突いていける力がマリノスに備わってきたという事でも有ります。

 試合後のヒーローインタビューはジローでした。とつとつと話す内容は、サポには溜まらない話が詰っていて、みんな笑顔になっていきました。試合前はかなり激しい雨が降っていましたが、後半途中からその雨もやんでいて、マリノスの気合と共に吹き飛ばした爽快感が漂っていました。

 珍しく横浜駅まで歩いて帰りましたが足取り軽く(途中でちょっと怪しかったけど)帰途につけることが出来ました。後半からでも、雨だろうと、スタジアムに足を運ぶからこそ、こういった試合が目の前で見ることが出来る。そんな至福の時間が流れていました。

 中断まで、あと1試合、連戦で選手は大変ですが、頑張って欲しいです。


<選手評価>


[ 更新日時:2007/09/09 00:11 ]