背中に『NTTコミュニケーションズ』

  • 2012/06/18(月) 22:45:51

 
 日本クラブユース選手権関東予選を戦っています、マリノスユースですが、グループリーグを、三菱養和、横浜FC、栃木SC、水戸ホーリーホック、トリプレッタ、と入ったグループリーグで3勝1分1敗となり、勝ち点10でグループ1位となり、全国行きが決定しました。

 素晴らしい!!おめでとう。







 初戦の栃木と引き分けた(1−1)時はどうなるかと思いましたが、トリプレッタ、横浜FCを僅差(2−1)で勝ちきって、水戸に大勝(9−0)して、2位以内を確定して、グループ最終戦はプレミア東日本の三菱養和とのアウェイゲーム。

 マリノスユースは、大量失点しなければ1位は確定でしたが、養和は引き分け以下なら3位となり9決トーナメントに回ることから、なりふりかまわぬフィジカルサッカーを展開して、そこに粘り強くマリノスユースは戦い2度追いついての2−2としましたが、最後は突き放されて、2−3で敗戦となりました。しかし、貴重なレッスンを積んだのかなとは思います。

 この試合はチームキャプテンの喜田拓也はトップの練習試合に参加していてユースからは抜けていました。来週に那須で行われる順位トーナメントが楽しみではあります。










・NTTコミュニケーションズ


 5月末のゲームから、ようやくマリノスユースの選手たちは、トップと同じadidasのユニフォームを着れるようになりました。いままではずっと昨年のnikeのユニフォームを着ていてのプレイで、かなり違和感を感じていましたし、この時期まで前年のユニフォームを着ているって言うことは無かったのですよね。そして、トップとは違うスポンサー名がユースユニフォームには付くことになりました。トップチームは”三栄建築設計”というスポンサー名があるところに、”NTTコミュニケーションズ”のロゴマークが付くことになりました。ユース様のスポンサー様ですよー。凄く嬉しいです。このスポンサーが付くことに関して契約調整があったから、ここまでadidasユニを着るのが遅くなったのかどうかは、よく判らないところもあります。

 三菱養和との試合は、アウェイユニフォームでしたが、パンツが青で白青白となり、トップでは白白白の組み合わせばかりなので、かなり新鮮と同時にかっこいいなーって思ったりしましたよ。








・日本クラブユース選手権予選結果


グループA
1位 FC東京 勝ち点15
2位 鹿島   勝ち点10
3位 大宮   勝ち点 9

グループB
1位 マリノス 勝ち点10 +10
2位 三菱養和 勝ち点10 + 5
3位 横浜FC  勝ち点 9

グループC
1位 レッズ   勝ち点13
2位 横河武蔵野 勝ち点11
3位 川崎    勝ち点10

グループD
1位 ヴェルディ 勝ち点15
2位 レイソル  勝ち点10
3位 ジェフ   勝ち点 8



順位決定戦組み合わせ(6/23、24 那須SP)


1位トーナメント
FC東京 vs 東京ヴェルディ
マリノス vs レッズ

5位トーナメント
鹿島 vs レイソル
三菱養和 vs 横河武蔵野

9位トーナメント  *9位のチームが全国行き
大宮 vs ジェフ
横浜FC vs 川崎


関東クラブユース連盟オフィシャル








関東のトップで全国へ行けるように頑張れ!マリノスユース。