超満員の日産スタジアムで優勝決めましょう

  • 2013/11/27(水) 21:43:44

 
 我が横浜F・マリノスが、J1タイトルを獲得するまで、あと1勝となりました。前節の名古屋に敗れましたが、下位は引き分けに終わってお付き合い、今節はマリノスが勝利したのですが、2位以下の優勝争うチームが軒並み敗戦を喫して、勝ち点を伸ばせず、2位以下に勝ち点4差をつけたマリノスが次節、勝ち点3を上げたら今季J1優勝が決まります。






○J1順位表 & 対戦相手


1位 横浜 勝ち点62 得失点差21 新潟H、川崎A
2位 浦和 勝ち点58 得失点差16 鳥栖A、大阪H
3位 広島 勝ち点57 得失点差19 湘南H、鹿島A
−−−(ACL出場権)−−−−−−−−−−−−−−
4位 大阪 勝ち点56 得失点差19 鹿島H、浦和A
−−−(ACL予備枠)−−−−−−−−−−−−−−
5位 鹿島 勝ち点56 得失点差09 大阪A、広島H

6位 川崎 勝ち点54 得失点差12 大分A、横浜H
7位 東京 勝ち点51 得失点差15 柏柏A、仙台H

 残り2試合のために、マリノスが勝ち点62のために、2試合の最大勝ち点6までのチームが優勝の可能性は残すために、5位の鹿島までは数字上の可能性は残ってはいます。

 しかし、マリノスが残り1勝して勝ち点3を上げると65まで伸びますので、2位の浦和が連勝しての最大勝ち点は64のために、マリノスが次の新潟戦で勝利したら、2013年の優勝を果たすことになります。
 引き分けでも下位のチーム次第では優勝が決まる可能性があります。





○マリノスが次節、優勝の条件


マリノス勝利 62→65        
マリノス引分 62→63 浦和、広島が共に引分以下
マリノス敗戦 62→62 浦和敗戦、広島、大阪、鹿島が引分以下

上記以外は、最終節(第34節)へ持ち越しになります。マリノスは圧倒的優位という事を認識したうえで落ちついてゲームに臨む必要があるのかなと思います。


次節は優勝を争うチームのキックオフ時間は一緒のために、状況次第ではありますが、スタジアムで優勝の瞬間を迎えられる公算が大きいです。

11/30(土) 14:00キックオフ

  横浜 vs 新潟 日産スタジアム
  大阪 vs 鹿島 長居スタジアム
  広島 vs 湘南 エディオンスタジアム
  鳥栖 vs 浦和 ベストアメニティスタジアム






○対戦相手

vsアルビレックス新潟

 今季のアウェイでの対戦時は、0‐1での敗戦でした。マリノスが開幕から6連勝で止められたのが、ビッグスワンの新潟戦でした。4月なのに雨が降ってかなり寒い気候の中でのナイトゲームだった記憶があります。

 後半戦16試合中の14試合で換算すると、8勝2分4敗とセカンドステージで優勝争いしていいる勢いがあります。しかし8勝のうち7勝がホームのビッグスワンでのもので、アウェイでは1勝2分4敗と完全なる内弁慶な勝敗となっています。得点ランキング2位の川又堅碁はいますが、必要以上に恐れることはないのかなとは感じています。スワンで堅陣を誇っていたキムクナンは、負傷でメンバーから外れている状況ですしね。

 相手を必要以上に意識するよりは、自分たちのサッカー、マリノスのサッカーをやりつづけることが大事なのかなーと思っています。









 ホーム、日産スタジアムで優勝を決められるチャンスが巡ってきました。3節前までは、こんな状況になるのは予想できなかったのですが、この状況にしたのは、間違いなくマリノス選手の頑張りです。

 日産スタジアムの前売りは水曜時点で4万枚を超えて、5万人、6万人の観客が集まってくる可能性もあります。超満員のスタジアムで優勝を決められるチャンスが巡ってきました。このチャンスを逃す事無くマリノスの選手たちは、優勝というものを掴み取ってくれると信じています。9年ぶりのタイトルへ、あと1勝です。


 当日、日産スタジアムに来る方にいくつかお願いがあります。


・自由席の方へ(特に、マリノス年チケ自由席所有者の方へ)多くの人がスタジアムに来場するので、座席は一人一席を守り、荷物は席の下へ入れて、入場時に余分な席を取らないようにお願いします。特にホーム側ゴール裏1階は、ピッチから見ると空席が分かりやすいから、人でびっしり埋まるような配慮を意識願います。

・入場時にゴール裏一階席で荷物置いて、試合開始一時間前に席を開放したとしても、入口のゲートには“このエリアは満席です“の貼り紙があり、あとから来た人はその場所まで空席を探しに来れないことが予想されるので、入場時に必要数のみの席を確保するよう願います。

・自由席は、周りの人と声を掛け合いながら、一列の中央付近に空席がある場合は、お互い詰め合って、あとからくるサポーターが入れるように、みんなでよい環境を作って、スタンドがよい雰囲気になるように、皆で協力して行きましょう。

・上記はゴール裏だけじゃなくてバックスタンド側の自由席も同じですので、座席に荷物を置いたままの席にしないようにして、多くの人が席に座れるように一人一人の意識を強く持ちましょう。出来れば、席を探している人に、ここ空いてますよーって誘導するくらいになるといいのかなと思いますし、隣が荷物席とかだったら、ここ後から人来ますか?とか聞いて開けてあげられるといいなと思います。

・この試合は普段スタジアムに来ない方も日産スタジアムにマリノスの応援に来る人も多いと思います。スタジアムでのホスピタリティがリピーターになるかどうか鍵を握ります。常連の方の行動で決まることも多いと思いますので、多くのサポーターがびっしりと席を埋めるスタンドを選手が見てくれた方がいいじゃない。



・試合に入ると、優勝がかかる試合だから早く得点が欲しい思いがあるから、いつも以上にマリノスがチャンスを外すと、ため息が大きくなったり、外した選手への批判的な声を言いたくなる気持ちはわからなくはないけど、それは抑えて、外した選手が一番悔しいのは間違いないのだから、その背中を押すような声をスタンドから出し続けていくようにお願いします。サポーターは選手より強い気持ちを持っていないとサポートなんて出来ないのだから、今シーズンのマリノスの戦いぶりを感じて、じっくりゆっくり90分間の中で確実にゴールを奪ってくれると信じて背中を押す声援を送りましょう。

・選手の中には優勝がかかる試合っていうことで、普段とは違う緊張感だったりが時間帯によって出てくる可能性もありますが、そんな時に勇気づけられるのはスタンドからの声なのは間違いないので、緊張するなというのはベテラン選手以外の優勝経験のない選手には無理なので、その緊張感を和らげられるように、俺たちが着いているから思い切ってやって来いというスタンドの雰囲気にしていくのが大事なのかなーって思います。個人的には、ボランチコンビの富澤と中町の優勝経験の無さでの緊張感のコントロールがどうなっていくのかというのが興味深いですが、やってくれるでしょう。


 11/30 14:00 キックオフ

 横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟

 日産スタジアム



 万難排してスタジアムに集結しましょう!! 

 9年ぶりのJリーグ制覇へ向けて、心残りがないようにスタジアムへ集結です。