8年ぶりのアウォーズ参加

  • 2013/12/12(木) 21:56:13

 
 久々に、Jリーグアウォーズに参加しました。今年は、マリノスの選手が全員で壇上に上がってくれるのではないかという期待を込めて、本当に久々にJリーグアウォーズに行く気になり、事前募集で応募したら2階のクラブエリア席が当選したので、会場となる横浜アリーナへ行ってきました。Jリーグアウォーズに前回参加したのは、2005年の事だから随分とご無沙汰なことではありました。

 前日に発表された、今年の優秀選手には、32名の中で10名のマリノスの選手の名前があり、タキシード姿が見れるという事とベストイレブンに何名が入っているのか?MVPはあの選手かなーとか期待感が湧きます。






 当日に会場に向かったら、以前と同じく開場前には多くのサポーターが待機列を作って、各チームのマフラーやユニフォームなどで色鮮やかな感じの会場前でした。各チームのサポーターが集まるのって、オールスターをやらなくなったこともあってなかなか集まる機会がないし、こういう色合いが揃うのはなかなか良い機会だよなーって改めて感じました。入場前は結構寒くて、朝からの雨が上がったと思ったら、開場時間前には結構降ってきていました。

 アウォーズの席に関して、今年は1階がプレミアシートで赤いチケットがあり、2階がサポーターエリアの白いチケットで、3階が緑色のチケットではありました。前日発表になったクラブエリアの席割を見るとブロックごとに何チームかの名前が書いてあり、昨年まで端から地域ごとのブロックになっていたのを止めたようでした。確かに、川崎とマリノス、磐田と清水とか、同県ダービーをする関係のサポが同じブロックにいるのは険悪なムードになりかねないので、友好関係があるチーム同士のサポを同じブロックにした方がいいよなーっていうのは感じていたので、今年のマリノスのクラブエリアは、サガンとアルディージャと一緒だったのは良かったです。少しエリアが狭い関係から3チームになっていましたが、他のブロックは5チームか6チームが入っていました。

 16:30の開門時間を少し過ぎてから会場入りして、ステージの近い位置や通路側席からどんどん埋まっていきましたが、前の方の良さそうな場所を確保できたので良かったです。マリノス席の隣はスポンサーブースでスカパー招待エリアなどがありましたが、マリサポが多かった気がしました。やはり今年はマリノスが多くなることを見越してチケット手に入れたサポが多かったのかなーとは感じました。

 会場のコンコースでは、J2エキサイティングプレイヤーの応募があり、入場時に渡された紙を22クラブの選手の誰かに入れるようになっていたのですが、マリノス席のすぐ外にサンガの山瀬功治のボックスを持った人が立っていた関係から、釣られるようにそちらへ紙を入れてしまいました。愛媛の秋元陽太もいたのですけどね。





 会が始まるまで少しコンコースにいましたが、多くのいろいろなチームのサポーターがいるなーという感じで、どんどん人が多くなっていった感じがしました。スタジアムではユニフォーム姿しか見ないサポが着飾ってプレミアシートに向かうのは、やっぱみんな見たいから来ているのだなーっていうのは感じました。


 表彰式の模様はスカパーなどで映っていたので割愛します。自分がいたエリアは、中央ステージを左側から見る感じの場所で横通路よりは少し後ろ目な位置でした。J1各チームの選手が出てきて紹介される際、マリノスは手前じゃなくて奥の方から出てきていて、優秀選手から一人少ないかなーと思っていたら、マルキが欠席でした。斎藤学を先に歩かせて、一人だけ深々とお辞儀するのを周りの選手が温かく見守るって感じでした。佑二が凄く慣れている感じで笑いながら周りを促している感じが見えました。マリノス選手はステージの左の方に固まって座っていましたが、遠くて暗くて表情までは分からなかったです。

 表彰に関して、優秀主審の西村さんの時にブーイングやエーイングはちょっと表彰にそぐわいないかなーとは感じたけど、まあ、そういうものだからね。相楽さんは何年目なんだろうとは感じました。個人的な今年の優秀主審は飯田淳平さんかなーとは感じています。





 前に来た時よりも表彰がサクサク進む感じで、表彰せずに紹介だけ済ませるベストピッチ賞などもあって、歌手や演舞等もなくなっているので、表彰して選手を称える場という感じでのいい空間が出来ていたとは思っています。柿谷と佐藤寿人のフェアプレイ個人賞のコメントで、昨年の寿人が受賞を受けて、来年は自分が獲りたいと決意して、実際獲ってしまうところに凄みを感じたし、選手にとっては新たなる目標を決意する場なんだよなーとは思いました。こういう場に来なきゃ感じない事もあるとは思っています。

 そして、会は進み、ベストイレブン表彰です。檀上の横通路に優秀選手31名(マルキを除いて)が立って、一人一人名前が呼ばれる瞬間がすごく緊張しました。マリノスの選手が一人でも多く名前が呼ばれるといいなーって思っていました。近い位置にGKとDFと阿部選手がいて、奥側にMFとFWがいたので、DF登録のマリノス選手がこの時間帯は凄く良く見えました。ベストイレブンに名前が呼ばれたのは、マリノスでは中澤と俊輔の2名となりました。広島から2名で、あとは各クラブ1名づつと、かなりばらけたのは、優勝争いが混戦になったからなのかなーとは感じました。





 この中でベストイレブンの発表があります。11名のメンバーの中で、俊輔が選ばれては欲しいと思いながらも、実際に選ばれるかどうかは分からないから、息をのむ瞬間です。プレゼンターの佐藤さんの口から、”よこはま”って聞こえた瞬間に、自分の後ろや横から、わーとかキャーとかうおーとかって歓声が上がって、そのあとの言葉は全く聞き取れませんでした。2013年のJリーグMVPは、我らがキャプテン、中村俊輔でした。

 俊輔が表彰を受ける際に、マリサポ席の誰かから、♪シュンスケナカムラ〜シュンスケナカムラ〜、我らの誇り、ウルトラレフティ、シュンスケナカムラ〜♪のチャントが歌われて、その声が横浜アリーナを埋め尽くして、俊輔へ降り注ぎました。涙声でチャントを歌っていたサポも多かったと思います。自分もその一人でした。良かったなー、報われたよなーって思いました。最終節の悲しい姿が、今年の思い出っていうのは切なすぎるので、Jリーグアウォーズでの喜ぶ姿の俊輔っていう姿を見れて良かったなーって、心の底から思いました。二度目の受賞、最年長受賞、っていうのは付随する事項なだけで、2013シーズンが俊輔が輝きを放った一年で、その褒賞として、リーグMVPという称号を手に入れてくれたというのは、マリノスサポーター皆にとっても大きな勲章を頂いた気がしました。




 その後のスピーチでは、聞きたかったような事をすべて話してくれて、少し長くはなりましたが、マリノスサポーターの心が晴れ晴れとなっていく瞬間ではありました。そこ言葉は以下に転載します。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
受賞コメント

MF:中村 俊輔(横浜FM)

 まずはこんばんは。

 JリーグならびにJクラブのスポンサーの皆様、この場をお借りして御礼申し上げます。

 今、私の中に2つの感情があります。1つ目は素直にうれしいということ。2つ目は感謝の気持ちです。

 今日、優秀選手賞の中にF・マリノスのチームメイトが自分を含めて10人いました。このことでわかる通り、優秀なチームメイトにサポートされてこの賞を頂けたと思っています。チームメイトに感謝しています。ありがとうございます。

 監督、コーチ、チームスタッフ、トレーナーの方々、F・マリノスに関わる全ての方々にサポートされて、この賞を頂けたのだと思っています。どうもありがとうございました。

 そしてサポーターの存在です。9月21の試合で横断幕を見ると、私個人へのメッセージが入ったものを見ました。本当に感動しました。あのことは一生忘れないと思います。本当にありがとうございます。

 そして松田直樹さんの存在です。彼の存在なしに今の私はいないと思っています。(仙台の..間違えました、訂正します)、前橋の方に良い報告ができると思います。ありがとうございます。

 誠に勝手ですが、私の中でのMVPをこの場で発表させていただきます。チームメイトの中澤佑二選手です。彼のここ数年のプレーを見てもこの賞にふさわしいと思いますし、(中澤がもっともっと言えと手ぶりで示す)サッカーに対する情熱、日々のトレーニングへの姿勢は若い選手に限らず自分にも刺激を与えてくれています。お手数ですが皆さん、彼にも盛大な拍手を送ってあげてください。(盛大な拍手が中澤選手へ送られる)

 そして家族の存在です。海外生活が長かったのですが、良い時も悪い時も一緒に壁を乗り越えてきた妻に感謝の気持ちとこの賞を捧げたいと思います。一緒にいて、いつも笑顔になれる4人の子どもたちにも感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

 最後になりますが、13年前(前回の最優秀選手賞の受賞時)、この場所で言わせていただいたことを繰り返して締めさせていただきます。
 これからもこの賞に恥じぬようにいいプレーをし続けて、サッカー界に少しでも貢献できたらなと思います。本日はどうもありがとうございました

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−





 8年ぶりのJリーグアウォーズへの参加となりました。マリノス選手全員でこれなかったという悔しさも感じつつ、良いものが見れて感じられた横浜アリーナの一夜だったかなーと思います。


 来年こそは、優勝をはたして、ベストイレブンにマリノスの選手が全員入るようなJリーグアウォーズになるといいなーと思いつつ、アリーナを後にしました。



 12/7に沈み込んでいた気持ちが、湧きあがっていき、次の天皇杯への向かっていく気持ちが出てきたような気がします。足を運んで良かったなーって思いました。







この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する